性病に注意する女性

性病の種類によってはなかなか治らないものや性病だと気づかないのもあります。特に女性の場合は症状に気づかないことが多く、他の方にうつしてしまうことがあるので気をつけなければなりません。それでは説明していきます。

ぶつぶつや掻痒感が見られるなら性病の疑いがある

普段は何もなくても、突然性器の周辺にぶつぶつとした発疹ができたり掻痒感があるなら、性病を発症している危険があります。気になる症状が続くなら、直ちに病院で診断を受けてください。
性病は他人に移してしまう感染症ですので、放置しておくと大切なパートナーが病気になってしまいます。また、パートナーから移された可能性もありますから、パートナーも病院で診てもらうとよいでしょう。
ぶつぶつの量が異様に増えたり強い掻痒感があると、尖圭コンジローマや性器ヘルペスの疑いがあります。尖圭コンジローマは割と多く見られる性病で、ぶつぶつとした見た目がカリフラワーや鶏冠に似ているのが特徴です。完治することがあるものの、再発をしやすいため、継続的に観察しなければなりません。治療によって症状がなくなったとしても半年経過して再発する場合もあるため、1年くらいは経過を見る医者もいます。
性器ヘルペスに感染すると、ぶつぶつの他に強い掻痒感があり、痛みがとても強いのが特徴です。神経にウイルスが入り込んでしまうため、完全に取り除くのが困難です。残念ながら現代の医療技術では完治できません。治療薬で再発を防ぐようにコントロールする治療法が用いられます。このウイルスは活性化すると悪さをしますが、活性化の原因となるのが免疫力の低下やストレスなどです。疲れやストレスを溜め込まないようにしながら、生活を送ることが大切です。
ちなみにぶつぶつや掻痒感が性器にあったとしても、性病ではないこともあります。軽い発疹くらいなら、蒸れが原因であったり、不潔な状態にしているのが原因になります。掻痒感も同じような理由です。女性の場合だと性病とはまた違う、カンジダの症状として見られる例が存在します。

性病関連の記事