性病に注意する女性

性病の種類によってはなかなか治らないものや性病だと気づかないのもあります。特に女性の場合は症状に気づかないことが多く、他の方にうつしてしまうことがあるので気をつけなければなりません。それでは説明していきます。

性病が再発したとしても匿名で検査できます

性病の治療が終わったことに安心をして、油断をしていると再発する場合があります。感染症を発症している人と何らかの理由により接触した場合や完全に治療ができていなかった場合に再び発症してしまいます。万が一発症をしたとしても慌てても何も始まりません。検査と治療を開始するとともに、感染ルートの特定を進めていくことになります。では、どこで検査をすれば良いか、感染ルートの特定の進め方をそれぞれ検討していきます。
最初に検査ができる場所です。
1、血液検査ができる医療機関
2、市町村に設置してある保健所
3、インターネット通販で検査キットを取り寄せる
次に感染ルートの特定方法です。
4、これまでの行動をできるだけ詳しく調べる
5、何人かに絞れたら感染者がいないかを確認する

それぞれ具体的に考えていきます。
1、名前や住所を通知しなければなりませんが、検査後すぐに治療を開始できます。医療機関であれば結果が出たらすぐに治療が開始できるのが魅力です。
2、保健所では無料で検査ができ、匿名で行うことができます。疑いをもっただけなのにも関わらず医療機関を受診するには抵抗があると思います。保健所では名前を告げることなく検査ができるので、安心して検査ができます。
3、対面式では不安を感じる場合に利用すると良いです。ただし、業者に住所や氏名を告げなければなりません。

4、手帳や記憶を頼りにしてどこで感染をしたのかを特定することによって、治療が完了した後に再び接触をする時に気をつけることができます。血液に触れるか、性行為をしなければ感染することはないのである程度特定することは難しくないと思います。
5、ある程度特定ができたら、具体的に誰なのかを調べます。血液検査をしてもらうと良いです。

性病関連の記事