性病に注意する女性

性病の種類によってはなかなか治らないものや性病だと気づかないのもあります。特に女性の場合は症状に気づかないことが多く、他の方にうつしてしまうことがあるので気をつけなければなりません。それでは説明していきます。

性病は自宅でも簡単に検査ができる

性病とは、性行為経験のある人なら誰でもかかる可能性はあります。
感染する病気によって症状も様々で、ほとんど体に異変を感じないものから、発熱やだるさ、痛みなどで苦しむケースもあります。
大切なのは、感染した病気をきちんと治療しておく事です。
症状が軽いからといって放置しておくと、後々不妊などの問題にも関わってくる事があります。
そのためにも早期発見・早期治療が重要となってきます。
ところで何かしらの心当たりがある時でも、つい検査を受けに行くのをためらってしまう人は少なくありません。
通常、性病の診断を受けるには、男性なら泌尿器科、女性は産婦人科を受診するようになっています。
ただどちらも敷居が高いイメージがあり、また人に知られるのが恥ずかしいからと、積極的に病院へ行こうと考える人が少ないのが実情です。
そういった人におススメなのが、自宅で簡単に性病検査が受けられる検査キットです。
検査項目はHIV、クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジタ、梅毒、B型肝炎、ヒトパピローマウイルス等です。
項目によって採取するものが、血液、腟分泌液、尿、うがい液などとなっていますが、いずれも簡単に採取できるようになっています。
プライバシーはきっちりと守られており、名前の代わりにIDやパスワードで検査が受けられます。
採取したものをに返信用封筒に入れて郵送するだけで完了し、許可を受けた登録衛生検査所にて検査が行われ、結果は後日インターネットで確認出来るようになってます。
陰性なら不安感が消え、陽性でも早期発見となり、すぐに医療機関で治療を開始する事が出来ます。
検査の信頼度も高く、医療機関同様の検査結果を得られるので安心です。

性病関連の記事