性病に注意する女性

性病の種類によってはなかなか治らないものや性病だと気づかないのもあります。特に女性の場合は症状に気づかないことが多く、他の方にうつしてしまうことがあるので気をつけなければなりません。それでは説明していきます。

性病検査で痛みはあるの

下半身に何かトラブルがあった時に性病を疑う人は多いですが、検査などに痛みを生じるかどうか、不安に感じる人も多いです。今は、検査自体も採血等が主になっています。女性は、内診を受けますが、今は女性の医師も駐在している病院が多いので安心です。そして、膣の中の分泌液等を取ったり、カメラ等で観察をしたりなどの診察があります。痛みを感じる事はありませんが、人によっては緊張で、体に力が入り、上手に検査を受けられない事もあります。リラックスをして受診することが大切です。また、男性は、尿道に細い綿棒を入れる検査があります。菌がいないかを確かめますが、これは、かなり痛みを感じる場合があります。しかし、今は検査方法も様々で、直接尿道に入れない場合もあるので、病院へ一度確認をすると良いです。
また、性病は、例えば、菌が喉に感染する場合もあり、喉にいるウイルスを見つける検査もあります。この場合は、口の中に綿棒を入れる検査の為、気分が悪くなる人もいます。このように、痛みに弱い人にとって、病院で実施する検査は恐怖に感じる人もいますが、まずはリラックスすることと、痛みをできるだけ感じずに受診できるように相談をすると良いです。また、病院以外でも自宅で性病かを確かめるきっとが出ていて、自分で血液や、尿を採取する方法です。自分自身で行う為、病院よりも痛みを感じにくい内容です。インターネットから気軽に申し込みができ、キットを郵送で発送できる点も便利です。このように、気軽に行う事のできるキットを上手に利用することで、痛みを感じにくいうえに、自分の健康状態を知る事ができるので、非常に便利なアイテムです。説明書も添付されているので初めての人でもすぐに調べられます。

性病関連の記事